貸し会議室とレンタルスペースの違いとは?

皆さんこんにちは。

今日の新横浜辺りは薄日が差すまずまずのお天気ですが。
全国的には、日本列島の半分くらいは梅雨入りとなっておりますね。

梅雨前線が活発な地域の皆様は、土砂災害などに十分ご注意してお過ごしください。

はじめまして!加瀬の貸し会議室 スタッフブログです!

さて、このブログは「加瀬の貸し会議室」チームが運用しております。

当社の管理する会議室には、いくつかのタイプがありますので、ここでも少しずつご紹介させていただきます。

皆様に少しでも貸し会議室の実情を知っていただき、お気軽にお使いいただければ、と思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。

「貸し会議室」と「レンタルスペース」は違うもの?

まず初めに、「貸し会議室」と「レンタルスペース」の違いについて少し述べさせていただきます。

この2つは基本的には、ビルの中の一室を時間貸しするサービスと言う意味では同じようなものですが、その立地や設備、利用目的などで若干差異があります。

「貸し会議室」は主にビジネスの会議やセミナー、イベント等を行うスペースで、基本的には会議用の長テーブルと椅子がセットされていることが多いですね。

これに対して「レンタルスペース」には、これらの設備に加え、大きな鏡だったり、フローリングの床だったり、音楽再生装置だったりが備え付けられ、ダンスやエアロビクス、ヨガなどのレッスンや、ちょっとしたイベントも行える様になっている場合が多いです。

この辺りのちょっとした装備や設備の差も然ることながら、場所によっても用途が変わったりします。
オフィス街と呼ばれる場所にあれば、当然ビジネス利用のお客様が多いので「貸し会議室」となっていますし、繁華街や住宅街であれば、個人利用や趣味などの利用を見込み、「レンタルスペース」として貸し出せる設備にしています。

以上の様に、ビジネス寄りの「貸し会議室」と、趣味・習い事も可能な「レンタルスペース」ということが言えそうですね。

お値段の違いもそれほど無い?

お値段の方も、両方共そう大きく違わない模様です。

というのも、ビジネス目的で会議室を借りるのは、やはり都心の一等地だったり、ビジネスの中心地(駅近)などが多いので、当然ビルの賃料も高くなります。
それに対し、盛り場の昼間の時間帯とか、郊外の駅の側などが中心のレンタルスペースは、比較的ビルなどの賃料も安いので、多少の装備の差は取り戻せるようです。

私達スタッフとしては、ビジネスのお客様も、個人や趣味利用のお客様もどちらも大切に思っており、その場所や時間、用途によってより良いサービスを展開していきたいと思っております。

どうかこれからも、「加瀬の貸し会議室」を縦横無尽にご活用いただき、皆様のお仕事や暮らしの中の、便利で気持ちのよいスペースとしてご愛顧いただければ、と思いますので、よろしくお願い申し上げます。

※「レンタルルーム」という呼び方をするスペースもありますが、こことはちょっと意味合いや使用目的が違ってきます。

加瀬倉庫 レンタルボックスのテレビCMを開始!

▶▶▶加瀬グループの近況ニュース!◀◀◀

テレビCM放送を始めました!!

2017年5月21~27日までと、6月13日~19日まで、スポットとしてテレビ東京(東京地区のみ)で放映されます!

TBSの「がっちりマンデー」という番組に取り上げられた事がきっかけで、それを見ていたテレビCM制作の方よりお話を進めていただき、放映の流れとなりました。
人気の高いビジネス番組に取り上げられた事も大変喜ばしいことですが、このように人から人へと繋がっていくネットワークこそが、企業の広報活動の本質ではないかと実感いたしました。

今後も、多くの方に弊社商品の良さを知って頂くことはもちろんですが、認知度アップにより力を入れていこうと考えております。

ここで、認知度について。

認知度と知名度には大きな違いがあります。
知名度は読んで字の如く、名前が知られること。しかし、認知度は名前だけでなく、中身を知っていただくことなのは皆様がご存知の通りです。加瀬グループがどのような業務・商品を展開し、それが社会にどのような効果をもたらすか。

これを多くの方にアピールし、社会的価値を確固たるものに築いていきたいと思います。

テレビCMで取り上げているトランクルーム事業は、お陰様で「全国1,300ヶ所65,000室」にまで事業展開を広げ、貸し会議室東京を中心に33ヶ所にまで拡大しております。
これも、お客様、オーナー様、お取引先の皆様との大切なつながりがあってこそ、成し得たことだと思います。

これからも、皆様から頼りにされる企業であり続けるよう、努力していきたいと考えておりますので、
よろしくお願い申し上げます。